見た目は暖かみたいけど寒い着衣

冬になって、今年は新しく着衣を買おうと決めていたボク。
も、意外にまったく寒くないなと思っていたので買う気にもなれず、これまで持ち合わせる管理や厚手のカーディガンでやり過ごしていました。
およそそこそこまともな着衣を購入するとなったら、随分お値段もそれなりにするから苦しむだろうなあとしてはいたのです。
但し、何とか買おうと思ってくよくよランチタイムに行くと、大変どれも勘定が高くて参ってしまいました。
だってボクは今は業女子で、それほどへそくりはないのです。
詰まりがお小遣いとなる代価なんて、本当はわずか訳です。
きっと、独身時代の蓄積がなくも薄いけどそれはいざというときの為に取り置きたいのだし、そこから扱うのは考えが進みませんでした。
そんなわけで実に貰えずにおけるって、一緒にいたダディが買えば良いのに、買い与えるから選べばと言い出しました。
いつもなら、渡しておる生活費の中からならご自由に、という視点の旦那が買って得るというので驚きです。
も、有り難く売り払うことにして選び始めました。
ただし、買ってもらうとなると余計にいまひとつ良いのは悪賢いかなと思えてきました。
そうして結局、実際希望していた着衣から安い方にしました。
見た目はとても暖かみたいに見える。
も、本当は着てみると風の音としてしまう為に意外に寒い状況に気が付きました。
も、買ってもらったのだからダディにはせりふは絶対に言わずになるべくそれを着なくちゃなと思います。
ボクってくよくよ気を使って抱腹絶倒やせ根気行うから、こんな事になるんだよなあといったまさか内省だ。
きっと、こういう着衣着て寒いたびに自分のパーソナリティーが恨めしく罹るのでしょうが、仕方ないですね。
中に着込めば良いから、良しという決める。

シースリ― 溝口