綿棒の疑い

綿棒を買ってきました。
も、たえずと様相が異なります。
いつもは両方ともに応対棒ものの図形でした。
今回は、片側がいつもの図形、もう一方は蜂蜜をすくうスプーンのようにぐるぐるって線が入っています。
これって案の定何の結果?
両方がおんなじ図形ならば、反映両方の耳の整備が綿棒1本で済みます。
も、様相が違うはほとんど使い道が異なるので、反映両方の整備を片付ける為には2当も使わなくてはならないに関してなのでしょうか。
なんとなくお尋ねだったので、ファミリーに聞いてみました。
旅館なんかにはこういう品種がアメニティとしてあることがあるようです。
で、何のためかというと知りませんでした。
やはり私のファミリーと思ったのは、様相が違おうとも反映の耳整備を1本で済ませているとのこと。
ツワモノだ。
家族内では到達できないムードだったので、ネットで検索してみました。
ただ、私のお尋ねをストレートに解決して受け取る答申は見つかりませんでした。
検索する為のキーワードが悪かったのかもしれませんが。
はて、どうしたものか。
も、買ってきてしまったものは仕方ありません。
我が家で活躍するのは今日から反映銘々様相の綿棒なのです。
只、独力一度に一本に落ち着きました。
世間の方々ってどうしてしてるのかしら。

なんば 脱毛