「なんとなく」のうま味って!?

異国から来て日本語を教えて要るクライアントとネットワークになりました。日本語が満喫で、発音もばっちりなその人に、今日何気無いヒアリングをされました。それは「実に」の定義においてだ。
「どうしてもっていかなる定義ですか?どういうまま使えばいいんですか?」と聞かれたのですが、確かに邦人はやたらと「どうしても」を使いますよね。あいさつにもなるし、「有難う」の定義にもなるし、「どうにもねぇ…」と言えば僅か困った状態も映し出すし、お葬式で静かに悲しげに「どうしても…」と言えばお悔やみの定義にもなるし、お笑い組合せも「何となくどうしても」でグループに出てきたりする(笑)。
明確に自分の考えを述べることを決して良しといった断ち切る日本の俗習が、「どうにも」には覚えるように思います。何やら不確か中で、傾向を察し見合うような対話の取り方が日本にはあるのですよねぇ。英語の対話では賛成、反対がはっきりしていますから、「何となく」をやりこなすはしんどいのかもしれません。
も、逆に「一層どこでも払える便利な陳述」とも言えますよね。目上のクライアントに関して使っても、いまひとつ違和感ないですし…。
その人のヒアリングに明確には答えられず、どこでどうして使っても大失敗はないに関してだけは伝えた俺でした(笑)。

表参道 脱毛